インターネットで

結婚指輪は工夫することで他と差をつけることができます。
工夫とは、要するにアレンジのことです。
フルオーダーメイドならデザインから自分たちで考えるため、それこそ世界に一つだけの指輪が作れますが、既製品でもアレンジを加えて自分たちだけの結婚指輪を作ることが可能です。
例えば、宝石の数を増やす、宝石の種類を変える、刻印を彫る、つや消しをしてマットな仕上がりにするなど色んなアレンジ方法があります。
ただ、マリッジリングという性質上を含め、アレンジを加えると返品や交換が利きません。
ましてや刻印してしまうと、それは本当の意味で二人だけのものになります。
そのため後悔のないようにアレンジを考えてみることが大切です。

定番は宝石を加えたり刻印を刻むというアレンジ方法です。
これは今も昔も一つのトレンドとして変わりません。
嵌め込む宝石はダイヤモンドが主流ですが、誕生石や自分の好みの宝石を嵌める方もいます。
また、メレタイプのリングならピンクダイヤやブルーダイヤの2色をつかってアレンジするケースも多いようです。
刻印はリング裏面に刻みますが、イニシャルや結婚した日にちを刻むのが一般的です。
また、お互いに対するメッセージを刻印したり、自筆の文字やイラストを刻印することもできます。
まずは、どのようなアレンジが可能なのかショップで訊ねてみるといいでしょう。
その上で、自分たちだけの世界に一つだけの結婚指輪になるように工夫してみてください。